せどりでおすすめなのが、本です。
以前ですと、ゲームソフトやCD、DVDが高額で売れた場合には、利ザヤが出るので稼ぎやすかったのですが、最近ではゲームも音楽鑑賞も映画鑑賞もインターネットの配信サービスやテレビの番組配信サービスで楽しむ人が増えてきているので、売れなくなってきたのです。
でも、本はまだまだインターネットではそこまで普及していません。
その訳は、小説や専門書になると、活字が読みずらいからです。
本の中で取り扱うのにおすすめな物を、下記にいくつか紹介していきます。

●仕掛け絵本
飛び出す絵本などは、電子図書では楽しめないので、根強いファン層からの支持があります。
仕掛け絵本も洋書になるとかなり凝った物があり、出版数も少ないので、古本屋さんやオークションで安く発見したら仕入れておくと良いでしょう。

●手作りのための本
ビーズアクセサリーやカルトナージュアート、レース編みなど、特殊な趣味のための専門書は、発行部数が少なく、書店でも取り扱っていないところが多いです。
特に洋書になると大変珍しくなるので、見つけたら仕入れておきましょう。

●インテリア雑誌、専門書
エルデコなどのインテリア雑誌は、古い物でも高値がつく場合があります。
インテリア雑誌でせどりをする場合には、おすすめのページを購入希望者が閲覧できるように、いくつか写真を並べてから、アマゾンやオークションなどで出品するようにすると、売りやすいです。

■せどりでの売り方のコツ
せどりも、様々な方法で稼ぐコツがあるので、下記に稼ぐコツを一つずつ紹介していきます。

●セット売り
もしも、1冊の本だけで売れない場合には、同じテーマで何冊かまとめて、オークションやフリマなどを活用して出品すると良いでしょう。
例えば、料理の本5冊セット、インテリアの本7冊セットといった風に、セット売りをすると、1冊だけでは売れなかった本も売れる確率が高まります。

●送料で利ザヤを稼ぐコツ
アマゾンでは、書籍の送料は古本ですと、だいたい257円から350円ぐらいかかります。
アマゾンに古本を出品して稼ぐこつとしては、送料を257円未満に抑えることができると、送料だけでも利ザヤを稼ぐことも可能です。
郵便局の配送サービスのスマートレターですと、厚さ2cm、重さ1キロ、大きさ25cmから17cmまででしたら、送料は180円ですので、スマートレターのサイズに収まる本でしたら、送料だけでも利ザヤが稼げます。
送料で利ザヤを稼ぐために、古本を1円で出品している古本屋さんやせどりも大勢います。
毎月ある一定以上の配送をすると、送料がどんどん安くなる契約ができる配送業社さんもいるので、利益が少なくても、大量に売ると送料で稼げる場合があります。
上記でいくつか紹介したように、せどりで稼ぐコツも様々な方法があるので、しっかりマスターしていって下さい。